わんニャンママのきまぐれ日記(木津川だより)

▼・ェ・▼こんにちは!大切なペット達のお世話をする仕事をしています▼・ェ・▼     (ペットシッター・ペットホテル・ペットタクシーそれからオリジナルの首輪・リード・犬服やオーナー様用に手描きシャツやバッグなど‥の制作。純銀粘土教室や手づくり首輪教室も随時開催します。) ♪犬(ワイマラナーの小雪と慎吾、黒ラブの愛花,マルチーズの桜香、 7匹の猫のこと‥ カタツムリのこと‥ ♪季節感あふれる食のこと  ♪京都 木津川の自然いっぱいの季節のこと ‥‥ ♪おもいつくまま 気の向くまま つれづれに          ☆゚・*:.。.☆.。.:*・゚☆気軽にコメントしていってくださ~い!☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆

2010年01月

はいし どお どお ♪

sakura1949

桜香がヒートでした。

もうほとんど終わりかけなのですが

ヒートを良いことに 慎吾兄ちゃんにわがままし放題の桜香‥

まさかりかついだ金太郎さんよろしく慎吾兄ちゃんにまたがって

腰をふったりしています。(笑)

慎吾も桜香が乗っているくらいは へ! とも思っていません。

なんせ 2.2kg  対 45kg越え ですから‥

小雪さん

koyuki1980


先日24日でちょうどあの事故から1ヶ月が経ちました。

快調とはいえませんがなんとか順調に怪我は回復に向かっているようです。

レントゲンの方は2月に入ってから撮影する予定だそうです。

骨折自体の痛みは治まってきているようで小雪本人は至って元気です。

最近は目の行き届くときはバリケンからでてみんなと一緒に過ごすことも多くなりました。

元気すぎて走りまわって骨折している手を床などについてしまうといけないので

冷や冷やものです。

2階への階段も平気で3本足であがっていくので

見ているほうがどきどきしてしまいます。

さすがに降りるのはやっかいなようでいちいちパパさんに抱っこして降りていますが(笑)


koyuki1954

日向ぼっこは気持ちよさそうです

ソファの上でもうとうとと‥

koyuki1978


koyuki1979


Winter sweet

winter sweet って とっても素敵な名前ですね。

さてその名前の持ち主はなんでしょうか?

答えは‥‥


roubai1941
 
ご存知の方も多いかと思いますが
 
蝋梅です。 ロウバイ という言葉の響きと
 
 winter sweet では ずいぶん差があるような気がしますが

香りの面においては winter sweet に軍配をあげたいですね。

一足早く春の気配を届けてくれます。


ドッグヤードの外側の出入り口のところに我が家の蝋梅があります。


夜も暗闇の中で甘い香りを放ってくれています。

画面からお届けできないのが残念ですが‥‥

roubai1814




遅ればせながら‥

やっとこさ クリスマスのスキンから元にもどせました‥‥

このブログは変更したり文字を入力するにしても
画像のアップにしても 反応が遅いので 疲れます。

本当に遅ればせながら‥

nenga



詳しくはまたぼちぼちと書いていこうとは思いますが、
とりあえずのご報告まで‥です。
遅くなった年賀状もぎりぎり投函しました。もしもれていたらごめんなさい。

小雪の今は毎日消毒に病院に通っているところです。

固定の金具も血の循環が思わしくないということで予定より早めに
抜いてしまいました。足の上を車が通過したようで骨はもちろん折れて
いますが皮膚の状況があまりよくありませんでしたので
今はラップを巻いて浸潤療法みたいなことをしています。
まだまだ時間はかかると思います。

小雪の事故のあと工事関係車両はハザードを点けたりして
低速走行を(一部まだ速い車もいますが‥)しています。
堤防上の道路は歩行者と自転車のための道で許可車両以外は通行禁止のところです。
いかに許可をとって通行していたとはいえ、
市街地と同じように走行していいわけはありません。

その日は
木津川側の堤防下の緑地でいつものように散歩をしていたのですが
高速で堤防上を走ってくる車両に小雪が反応してしまい8mほど
上の堤防道路へとかけあがっていってしまいました。

その車!スピ-ド出すぎです!止まりなさい! 

とでもいわんばかりに‥‥
姿がみえなくなったと思ったらすぐに足をかばいながら戻ってきた小雪‥
安全パトロール と車体に書いた車はそのまま通り過ぎて‥

さわると前足がフニャっという感じです。

骨折してる!

病院へ電話をいれ、搬送するための車をとりに
愛花や黒をいったん連れ帰り、堤防下の緑地で待つ小雪たちの元へ
車でもどったところ、車を運転していた人がようやく姿をみせていました。

かなりスピードだしたはったでしょう!

ゆっくり走ってくれてはったら大丈夫やったのに‥

 見晴らしがよくなにもみえなかったのでついスピードを出したそうです。

前だけをみていたので‥と ‥

放牧していたこちらにもまったく非がないわけではありませんが
堤防下の安全な場所でのお散歩のはずでした。
(川へおりるまでのほぼ直線の見通しのよい場所です。
 遊びにきたことのある方だと あ~あそこかなって わかるところです。)
国土交通省の管轄の工事ですのでなにがなんでも安全第一でないとこまります。
小雪の事故のせいでか 工事関係の車両はより注意して通行するようになり
車両の通る日はガードマンが何人も立っています。
最初からそうしてくれていればよかったのに‥
これが人だったら本当に大変なことになるところでした。

工事の内容はまた後日に詳しく‥
でもこの工事で河川敷内の多くの木が伐採され竹林も壊滅‥
地形がまったく変わってしまいました。
洪水の際の危険防止のためだそうです。
狐や狸や自然に生息していた生き物たちは無事に引越しできたのでしょうか?
木々や草のなくなった川原は違う風景のようです。










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ